123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-01-16 (Fri)
世の中の不景気、深刻です。
最近は【派遣切り】という言葉を耳や目にしない日はありません。
私の住んでいる地方には自動車メーカーやその関連企業が多く、その他の業種も含め
不況の荒波が直撃し、契約解除にあった人が急増していると聞きます。
その大多数は“トヨタショック”による人たちだそうです。
失業=住まいを失う・・・よくよく考えると当たり前のことなんだけどこれまで非現実的だと
思っていたことが現実におこっています。
派遣というお仕事は時給もいいけど、契約期間があり、臨時的な要素が強いというのが
私が持っているイメージです。
がっつり働きたい人には契約更新があるだろうかという不安もあるでしょう。
しかしライフスタイルに合わせて希望の職種が選べるというのは大きなメリットかもしれませんね。
契約期間は数ヶ月から数年プラス契約更新があるかも?なんだろうけど
今問題になっているのは契約期間を満了せずに解雇されたりしているからなのか?
もしも会社が「契約期間満了まで!」と言っていたらどうだったんだろう?
会社としては、貯えをなるべく減らさずに維持していくには、非正規雇用の人たちから
切るしかないのでしょうね。
次に社員のリストラまたは賃金カットかな?

夫は自動車とはまったく関係ないけど製造業界で働いています。
もう、ここ何年もずっと不況にあえいでいてボーナスや昇給も大幅に減っています。
リストラされるんじゃないかと不安を口にすることもあります。
万一それが現実のこととなってしまっても、私がパートでもなんでもやってなんとか
食いつないでいこうという覚悟と、職探しに翻弄される夫の尻叩きをする心構えは
ありますよ。
つい去年のこと、車でFMを流していたら、番組で「あなたの自慢できること」を募っていました。
某自動車メーカーに勤務するリスナーが「世の中不況なのに、こんなに昇給があって
うれしい♪とても誇らしい。」と言っていました。
まだ海外に居る頃、夫はよく近隣諸国に出張に行っていたんだけど、フライトのときに
上記自動車メーカーの社員を見かけることがあったそうです。(社員バッジで分かるそうです)
その会社は出張にビジネスクラスが使えるらしく「やっぱ世界中に展開する○○さんの
ビジネスマンは違うなぁ。絶対に埋められない格差だ。」と感心していたものです。
世の中の状況の変わってしまったた今でも、その人たちはきっとうまくやっているんだろうな。

先日新聞に雇い止めにあった人たちのこんな記事が載っていました。
新聞社のサイトの関連リンクを下に貼りつけますね。

新聞紙 新聞社のサイトへGO


読んだ後、ものすごく複雑な心境。
日本では生存権と言うのが憲法にあり、最低限度の生活維持ができるよう保障されています。
彼らを見殺しにすることはできないし、かといって満足させるのは不可能に近い。
また、生活が困窮することにより国から保護が受けられるとなれば、働いたら負けなんて
思う人が出ないとも限らないわけだし。。。
福祉業界や第一次産業ではまだまだ人手が不足しているとか。
免許を持っているなら運転手も不足しているとテレビで特集していました。
職を失ったことは不運としか言いようがなく国からの保護を当然の権利として主張することも
できるけど、死活問題であれば違う打開策も見えてくるはず。
職が決まらないのではなく理由をつけて決めない人もいるみたいだし?
記事中の激高する人たちが「弱者の皮をかぶったモンスター」ではありませんように・・・。
一日も早い景気回復を願ってやみません。

* * *
ムニャムニャ・・・zzz

あたしのお仕事は食べること食事、寝ることzzz

そして、家族を笑顔にすることです にこ
スポンサーサイト
| Life etc... | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。