FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-10-24 (Tue)
私はコーヒー党です。
ほぼ毎日飲んでいますし、外出先でもよくオーダーします。
とはいっても、濃いのや苦いのは苦手だし、別にインスタントだってかまわないんです。
飲みやすければ。
コーヒーの淹れ方の極意なんて知らないし、コーヒー豆の産地や種類による酸味や
苦味などの特徴も知りません。
私にとって美味しいコーヒーとは飲みやすいコーヒーなんです。
紅茶なら、わりと当たり外れなく飲めるんだけど、コーヒーって街のカフェなどで飲んでも
「まずい!」って思うことありませんか?
私はブラックで飲むのが好きなんだけど、カフェではミルクをドボドボ入れちゃうことが
あります。
しかも、このミルクも不味かったり。
おいしい不味いは、その人の味覚や好みにかかわってくることなので、何とも
言えないのですが、私は日本で飲むコーヒーが一番自分に合っていると思います。
それは、長年飲みなれているということもあるだろうし、多くの日本人に合うように
商品化されているからでしょうね。
海外にいるころは、ずっと日本のコーヒーを恋しいって思っていました。
日本に帰ってきた今、さて、どんなコーヒーメーカーを買おうかしらと珈琲ツウの
友人に相談したところ、彼女は【ネスプレッソ】というマシンを薦めてくれました。
この商品は実演販売しているところを見たことがあるけど、本当においしいコーヒーを
淹れてくれます。
しかし、家庭用にしては1杯あたりの単価が高くなり経済的ではないので却下。

コーヒーは鮮度が命なんだそうです。
生豆の状態では長期保存できるけど、焙煎後はすぐに酸化してしまうそうです。
焙煎してからの時間が味を大きく左右するそうな。
美味しく飲むには焙煎後、豆の状態で10日が限度だそうです。
確かに我々日本人はさまざまな食材について風味にこだわるけど、新鮮でないもの
には風味がありませんね。

コーヒーを良い状態で楽しむために考えた末購入したのがこちら!







ジャ、ジャ、ジャ~ン♪







ボタンひとつで飲む分だけ生豆から<焙煎>→<ミル>→<ドリップ>してくれるのさ。
2杯から10杯まで作れるので、来客のときも大丈夫。
好みのロースト加減と挽き加減で味や濃さを調整できます。

人の手で行う職人さんの技術にはかないませんが、自宅で手軽に【炒りたて、
挽きたて、淹れたて】を味わえるのです。
しかも、コーヒーの生豆って、意外に安いんです。
このマシン、定価はものすご~~~くお高いのですが、ネットでびっくりするほど安く
手に入れることができました♪

専門店の味、しかもとても飲みやすいコーヒーを楽しめることの幸せよ。
部屋中に漂うコーヒーのなんとも良い香り、贅沢だ。
珈琲ツウにはなれないけど、これからも珈琲党として生きていきます。
近所に親切なお豆やさんも見つけたし、当分寝返ることはないでしょう。






コーヒーは生鮮食品なのだ~。
スポンサーサイト
| Life etc... | COM(8) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。