FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-05-19 (Fri)
今日、実家の母からTELがありました。
内容は、「母の日にお花をありがとう!」ということでした。
今更って感じで、送ったことすら忘れてたんだけど、母曰く、シンガポールから
お友達が遊びに来ているだろうから、お礼コールを遠慮してた、とのこと。
なるほど、そういうことね、お気遣いありがとう。でも、お友達はとっくに帰ったわ。

お礼とは別に、母が教えてほしいことがあるとのこと。
携帯に送られてきた不要なメールを削除したいとのことでした。
いまや、老若問わず携帯を持つ時代です。
周りの友人たちもご両親とよくEメールを交わしています。
しかし、ウチの母(60台半ば)はものすごい機械オンチなんです。
先日などはFAXの用紙切れに電気屋さんを呼んだとか。
用事があって母を捕まえたいときに携帯を鳴らしても、出た試しがありません。
音量調節も知らなくて、「私の携帯は鳴らないことがよくあるのよ。」な~んて
言う始末。
以前、彼女が我が家に遊びに来たとき、一生懸命扱い方をレクチャーしました。
着信音も大きくし、バイブもオンにしました。
メール交換もしたいので文字の打ち方も教えました。
携帯って、メニュー機能とかとても親切だし、画面下に出てくるヘルプに
したがっていけばとても操作は簡単だと思うんですけど、相変わらず母からの
メールはありません。
受信したメールは読んでいるようですが、、、。

そんな母ですから、メールの削除の方法も知らないわけです。
私ももう随分長いこと日本の携帯を触っていないので、想像でTELで説明する
というのも難しいものです。
チェックマークをつけたりして簡単に削除できるでしょうが、それを母に説明する
語彙力が私にはありませんし、母の技量では無理でしょう。
幸い削除したいメールは1件とのことだったので、メールを開いた状態で削除させる
ことにしました。

  私:「まず、削除したいメールを開いて。」
  母:「開くってどうやるの?」

開くという表現がピンと来ないらしい。

  私:「受信ボックスに消したいメールがあるでしょ。
      それを選んで読める状態にするの!」
  母:「あ、こうね!」
  私:「そしたら、画面の右下か左下に何か文字が出てない?
      メニューとかなんとか。その文字の真下にあるボタンを押して・・・」

(後略)


とまぁ、こんな感じでシック八苦ですよ。
私の表現のうまく伝わらなさと、母のレスポンスの悪さにイライラとして声を荒げて
しまい、余裕と思いやりのない自分に少々後悔・・・。\(_"_ )

実は私、自他共に認めるマザコンなんです。
この人がいなくなったらどうしようって、考えただけで涙が出て来ちゃうんです。
学生時代まではものすごくうっとおしく感じ、いつも家を出たいと思っていたのですが
(実際出ましたが)、成人してから好きになりました。
小さい頃からもっともっと仲良くしていたらよかったなと思う今日この頃。
【子を持って分かる親のありがたさ】とはよく言うけど、子を持たなくても離れただけで
分かります!
でも、いたわりや感謝の言葉をどうしても直接言えなくて・・・。
自分でもとても不思議なんだけど、「体に気をつけて。」の簡単な一言が、
なぜか出てこないんです。
「忙しいからもう切るよ。じゃねっ。」と、いつも一方的に電話を切る私。
ああ、天邪鬼で罰当たりな娘です。。。

おーっと、今日は、ちょっとお恥ずかしいことを書いてしまいました。(*/∇\*)



ちなみに、お姑さんは母と同い年ですが、携帯メールはバリバリです。








スポンサーサイト
| Life etc... | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。