FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-05-03 (Wed)
COCOは、かつては赤ちゃん大好きワンコでした。
赤ちゃんを抱いているお母さんを見れば、「クンクンさせて~。」といわんばかりに
2足で立ち上がってついていく始末。
ところが、いつ頃からか、小さい子供を見ると逃げるようになりました。
「ワンワン♪」と近づいてくるよちよち歩きの赤ちゃんに、何度も蹴られたのが、
トラウマになっているのかもしれないね。
近頃は、小さな子供を見ると、体が硬直してしまう状態でした。

黄金週間を利用して、友人が生後7ヶ月の赤ちゃん連れで来港しました。
7ヶ月といえば、やっと寝返りが打てるようになり、おもちゃなどに興味を示す頃です。


多くのお母さん達は、赤ちゃんと犬との接触を嫌います。
無菌状態で育っている赤ちゃんたちにどんな病気が移るか分からないからでしょうか?
実際に犬を飼っている友人の中にも、赤ちゃんが生まれてから犬を手放した人、
犬を室内から外飼いにした人もいます。
確かに、絶対に怪我をさせない、とは言い切れませんが・・・。

そんな小さなベイビー君とCOCOのご対面は・・・?

今回遊びに来た友人は、快くCOCOを受け入れてくれました。
赤ちゃんの手をペロペロしているCOCOを見て、私のほうが「舐めてるけど大丈夫?」
と、ヒヤヒヤするほどでした。

小さな宇宙人にCOCOは興味津々、こわごわクンクン、そのうちマウンティングでも
しそうな感じでした。
べイビー君が泣き始めるとCOCOは、尻尾を下げて逃げます。

そんな、興味深いベイビー君との対面。
ベイビー君が歩き始めたら、きっと逃げ惑うだろうな、と思えた一日でした。
そして、よいママぶりの友人に感心しつつ、一息つく間もないような育児の
大変さを知らされた日でもありました。









スポンサーサイト
| Doggie | COM(9) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。